クリニカル・プラットフォーム、クラウド電子カルテ「Clipla」のリリースを開始 日本医師会のレセプトソフト「ORCA」と連携し、会計業務の効率化を実現 診療所内外で利用可能なクラウド電子カルテが登場

医療関係のお仕事に従事されてる方ですとやっぱり莫大に増えていくカルテの多さに悩まされてるかとおもいます。だけどそれらを電子化できる電子カルテが登場。クリニカル・プラットフォーム株式会社さんが提供するもので1月19日から利用できるサービスです。
ブラウザだけで利用できる診療所向けクラウド電子カルテで正式名称は「Clipla(クリプラ)」というものであります。

患者さんの患部の状態をスマートフォンで撮影して、直接カルテに保存することができる「スマホアップロード」機能や患者さんがお持ちのPCやスマートフォンから診察予約ができる「Webチェックイン」機能などもありすごく便利で間違いなく使えば使うほど実用性の高いものだということが理解できるはずです。

利用価格は、電子カルテ単体利用の「ライトプラン」(税別:月額利用料9,800円)とレセプトソフト「ORCA」と連携対応した「ベージックプラン」(税別:月額利用料29,800円)の2プランから選べます。他の差をつける意味でも導入するメリットは大きいはずです。

クリニカル・プラットフォーム、クラウド電子カルテ「Clipla」のリリースを開始 日本医師会のレセプトソフト「ORCA」と連携し、会計業務の効率化を実現 診療所内外で利用可能なクラウド電子カルテが登場

ドリームニュース・ブログメディア参加記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。